logo

現代の性風俗を紐解き考察する、近代風俗体系

logo_banner
はじめに

「近代風俗体系」の背景

通勤途中に目にする、少し静かな歓楽街の朝。
あの日遊びに行ったアノ店の看板を眺めながら、ご機嫌な思い出に浸るのが日課となってしまいました。

お気に入りの渋谷のあの風俗店に行った日、あのデリヘルを呼んだ日も、もうどれくらい昔の話になるだろう。

当時は渋谷の風俗店をこのサイトをよく見ていたものだ。

渋谷風俗の情報を見ていたサイト

いつものように思い出に浸っていたある日、ふと思いました。
「風俗って、性風俗って、一体何モノなんだろう」と。

敷居のアチラもコチラも人の欲が渦巻く「風俗」という業界。(敷居のアチラに身を置いたことはないので、知った口を利くことも出来ませんが)
人が風俗に関わろうと思った理由、風俗に遊びに行こうと思った動機、そしてイッた(イかなかったかもしれないけど)後の想い。等々に思いを馳せてみたくなることがあります。

有名な某漫画家さんは、その昔、欲しい物をひたすら絵に描いていた、という話を聞いたことがあります。

そして、私といえば、最近イロイロ世知辛く、あらゆる「風俗」に通えていないのもまた現実。

風俗と、その周辺にも興味の尽きない私です。

それならば、そんな風俗について思いついたままに考えてみようと、こちら「近代風俗体系」を自分のメモ帳代わりに拵えました。

興味が湧いたことを自分なりにまとめてみました。

風俗の歴史から、体験、伝説を気の向くまま調べ集めました。
性風俗はなんなのか、風俗にどっぷり浸からずとも、ちょっとだけ、色々知りたい、語りたい。

お付き合い頂けましたらば、嬉しく思います。

 
logo_banner