世代の違い

年の離れた人と話していると、世代の違いを実感することがあります。
特に一回り、二回りも離れていると、全然違う生き物と話しているような気分になったり。
そんな時、私も歳をとったなあ・・・とちょっぴり悲しくなります。

最近、職場で一回り以上年下の女の子と話していた時の話です。
学生時代流行っていた歌手の話題になりました。
私が学生の頃はバンドブームだったので、当時売れていたバンドの名前をいくつか挙げたのですが・・・。
その女の子は私が挙げたバンドはほとんど知らないようでした。
今でも活動している有名なバンドは知っていましたが。
ショックでした・・・。
でも、よくよく考えると、当時活躍されていたバンドってほぼ解散しているんですよね。
よっぽど音楽好きでなければ、知らなくても仕方ないかもしれません。
バンドを解散して今はソロで活躍されている方もいますよね。
ソロの歌手名を言えば「ああ、あの人!」とわかるみたいです。
だけど、当時はこんなバンドをやっていて、すごく人気があったんだよ!と力説しても、「ふーん」ってなもんです。
逆に、その女の子が挙げる歌手は、私からすれば最近出てきたばっかりの歌手に思えましたね。
彼女は「ちょーなつかしくないですか!?」なんて笑っているわけです。
なんだか必要以上にオバサンを実感して悲しくなりました(笑)
外側だけ歳をとって中身が伴っていない大人にとっては、世代の違いというのは本当に残酷なものです。
これからどんどんこういうエピソードが増えていくんでしょうね。
そのうち「まったく今の若い人たちは・・・」なんて言い出すんじゃないかと、今から不安になっています。

安定ショッピングカートで売上

«