英語の早期教育の必要性

近年、新学習指導要綱が改定されて小学生からの英語教育が必要とされています。
小学校の先生や、在学中の小学生はとまどいがあるかもしれません。
しかし、幼少期から英語に馴染んでる子供たちは何の抵抗もなく、英語を勉強できるかもしれません。

早期教育を手がける先生の言葉によると、幼少期から英語に聞きなれていないお子さんなどは、苦労することもあるようです。
私は、大学を英語学科で卒業しましたが、最初の一年生の時期はヒアリング力がとにかく乏しくて単位を取得するのに苦労しました。
英語の歌詞の音楽を聴いたりとにかくヒアリング力をつけなければ卒業できなかったので冷や冷やものでした。
そんな苦労をしなくても幼少期に英語耳にさえしてしまえば、未来に道の選択肢は幅広いものになりますね。
生まれたころの赤ちゃんの耳は日本語だけでなくあらゆる言語を習得する可能性に満ちているといいます。
日本語ばかりの生活では、日本語の周波数は他言語とくらべて特に幅が狭く、日本語耳に成長してしまってからは、他言語を習得するのが難しいと聞きます。
特に、中国語や英語の周波数が幅が広く、中国語人がTOEICの点数が高いのは、中国語周波数が、英語周波数をカバーしていることに大きく影響しているかと言えます。
日本人の英語力を真に考えるなら、小学生からの英語導入は遅すぎると言えるのではないでしょうか?早期教育の大切さに気づいた母親は、赤ちゃんの頃から英語教育をさせています。
また、幼稚園や保育園からの早期導入を求める声も高まりつつあるようです。
TPPが未だ議論されていますが、成立すると様々なジャンルで英語の必要性が高まってくることは目に見えています。
英語の早期教育の導入が実現すると時間はかかるかもしれませんが、多くの日本の子供たちが世界で活躍するシーンが飛躍的に増えることは間違いないと思います。

ダイビングしたくなる海
石垣島ダイビング専門店
安心の八重山ダイビング協会加盟店。石垣島でのファンダイビング・体験ダイビング・水中写真撮影。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»