母特製の手打ちそば

うちの母は、料理が上手です。
和食、洋食、ジャンルを問わず得意料理がたくさんある母ですが、最近またレパートリーが増えたようです。
それは、手打ちそばです。

何がきっかけでそばにハマったのかはわかりませんが、最近実家にそばを打つための専用の部屋ができました。
もちろん、その部屋を使うのは家族の中で母だけです。
母はもともとそばが大好きなので、自分でもそばを打ってみたいと思ったのかもしれません。
この前帰省した時も、一生懸命そばを打っていました。
母がそばを打つところをそばで見ていたのですが、すごく難しそうでした。
「やる?」と言われましたが、自信がなかったので遠慮しました。
どうやらコツがあるみたいで、私がやったらブツブツ途切れたおいしくないそばが出来そうだったので。
夕食に母特製のそばが出たので食べてみたら、コシがあって、まるでお店で食べるそばみたいで、たくさんおかわりしてしまいました。
どうやってそば打ちを習得したのか母に聞きましたが、もったいぶって教えてくれず、謎のままです。
家族の間でも母の打つそばは評判みたいで、飲食業をやっている弟がメニューに加えたいと言っていました。
その話がどうなったのかはわかりませんが・・・。
母もまんざらではないようなので、弟の店に母の手打ちそばが出る日は近いと思います。
そばにとどまることなく、「次はうどんを打ってみようかな~」なんて言っている母。
私はそばよりうどん派なので、実はそっちの方がうれしいんですよね。
母の手打ちうどん、食べてみたいものです。

どんなデバイスでもクリックから

«
»