私立大学受験

今はちょうど受験生が試験で頑張っている時期だと思います。私自身も大学受験をする際、本命の国立大学と私立大学を2校受験しました。以下、私立受験の思い出です。
 当時の私は、正直自分がどのくらいのレベルの私立大学を狙うべきなのか分かっていませんでした。

とりあえず先生と相談をして、確実に受かるだろうと思われる学校と、もう1校は自分の好きな学校という感じで、正直適当だったと思います。
自分の好きな学校は、当時バレーボールが好きだったので、バレーボール部の活躍が有名な大学を選びました。しかし自宅からは遠く、受験当日は両親に送り迎えをしてもらいました。受験科目は英語、国語、日本史という3科目だったのですが、1科目目の得意なはずの英語に全く手ごたえがなく、その他の科目もボロボロで、結果は不合格でした。折角応援してくれた両親には、とても申し訳ないです。
 もう1校は電車で通える学校だったので、受験当日は1人で行きました。都内の学校で、ちょうど通勤ラッシュの時間とぶつかり、もみくちゃにされながら漸く学校に着きました。試験は順調に終わり、無事合格することが出来たのですが、毎日の通勤時にこの辛さを味わうのかと思うと、絶対に4年間も続かないと思いました。
 最終的には本命の国立大学に無事合格することが出来たのですが、この私立受験は良い経験が出来たと思っています。受験生はあと少し辛い時期ですが、体調に気を付けて、全ての力を出し切ってほしいと願っています。

«
»